手続実施者

手続実施者

手続実施者は、ADRセンターに備え付けられた手続実施者名簿に登載された司法書士の中から、事案ごとに事案に適した者を当センターのセンター長が選任します。

手続実施者名簿に登載されるためには、簡裁代理権を有していて、ADRに関する研修を特別に受講する必要があります。

研修の内容の一部をご紹介しますと、「ケアの理念」や「心理学に関する講義」、「ADRの理念」や「わざの習得」、「臨床倫理」等です。

これらの研修は、ともすれば専門家の枠に縛られてご利用される皆様のそれぞれに抱えているご事情や感情に疎くなりがちな自分を戒め、ご利用される皆様の言葉に真摯に耳を傾けて、ご利用される皆様と共に問題を解決するための将来志向的で協調的な感覚を養うことを目的として行っております。

よくあるご質問はこちら