会長挨拶

会長挨拶

 札幌司法書士会のホームページをご覧のみなさんこんにちは。アクセス、ありがとうございます。

 司法書士制度は、明治5年の司法職務定制にその源を発した、実に140年以上の歴史がある制度です。われわれ司法書士は、戦後の復興、高度成長、オイルショックやバブル崩壊などの様々な出来事の中、いつの時代も不動産登記・商業登記・供託手続きなどを通じて国民の皆様の財産等を守るために働いてきました。

 平成14年の司法書士法改正では、全国津々浦々にいる司法書士をさらに活用し、司法アクセス障害を解消することを目指し、司法書士に簡易裁判所等の代理権が付与され、さらにみなさんの暮らしの中での困りごとの相談を受けられるようになりました。

 暮らしの中での困りごととは、「不動産を生前に贈与するか遺言書をつくるか」「親が認知症になってしまったが毎日の面倒がみられない」「個人で事業をしてきたが、会社としてスタートしたい」「相続手続きをしたいが、どこに頼んだらいいか分からない」「借金を整理して再スタートしたい」「家を買って引っ越すことになったが、名義変更の手続きがしたい」など毎日の生活に起こりうる内容です。

 当会では、このような困りごとの解決のために面談と電話による相談窓口を、また、女性司法書士による女性のための相談窓口(なのはな相談センター)も設けています。さらに、札幌法務局内において、「きけるっしょ」という愛称で、札幌法務局と協働して登記相談を行っております。みなさまのニーズに合わせ、これらの無料相談をお気軽にご利用下さい。

 当会では、強引な訪問販売や悪質な訪問買取、振り込め詐欺などの消費者被害に関する問題・空き家問題・貧困問題などに取り組んでいます。また、被害防止の観点から、青少年などの方々を対象に法律教室を行っております。
 一方で、東日本大震災の被災者の方々を支援するために、被災地における相談活動やその他の被害の被災者への相談・支援活動にも取り組んでいます。

 私たち司法書士は、これからもみなさんの傍らでみなさんとともに歩んでいきたいと思っています。身近な法律家として研鑽を重ね、皆さんの信頼と期待に応えるよう努力していきます。

                                     札幌司法書士会 会長 里村美喜夫

コメントを残す