会長挨拶

会長挨拶

 札幌司法書士会のホームページをご覧いただきありがとうございます。

 みなさんは、暮らしの中でトラブルが起きたとき、身近に相談できる専門家がいらっしゃいますか?

 そんな時は、司法書士(しほうしょし)に相談してみてください。司法書士は、みなさんに最も身近な街の法律家です。

 たとえば、借金などの債務返済の問題、アパートの家賃滞納の問題、未払給料などの労働問題、訪問販売や強引な買取などの消費者被害に関する問題など、どうぞお気軽に相談ください。

 司法書士と言えば、マイホームを購入するときの売買や担保の設定などの不動産に関する登記、会社の設立や役員の変更などの商業登記など登記に関する専門家です。

 さらに、高れい者や障がいのある方の生活や財産管理をサポートする成年後見制度についても、司法書士は「公益社団法人成年後見センター・リーガルサポート」という組織を創り、成年後見人などとして、高れい者や障がいのある方の生活や財産管理を支える仕事をしています。

 そのほか、司法書士は、様々な社会問題に対応した活動も行っています。ヤミ金の問題、多重債務の問題、路上生活者の問題、貧困の問題、自殺者の増加の問題などを解消するため、関係する団体の方と連携しながら相談活動などを継続して行っています。一方、これらの被害を予防するための方策の一つとして、学校での講義や法律教室を通じて、被害を減少させるための啓蒙活動も長年実施しております。

 また、平成23年3月11日に発生した東日本大震災の被災者の方々に対して少しでもお役に立てるよう、被災地における相談活動や札幌に避難されている方々への支援活動にも取り組んでいるところです。

 私たち司法書士は、これからも全国津々浦々に存在し、身近な法律家としてあり続けるため、常に研鑽を重ね、皆さんの信頼と期待に応えるよう努力していきます。

                   札幌司法書士会 会長 猿田史典

コメントを残す