もりた法律事務所の口コミや評判はどうなっている?

もりた法律事務所

任意整理をするにしろ個人再生をするにしろ、どの「弁護士事務所(司法書士事務所)」に依頼するかが重要です。債務整理に慣れていない法律事務所に依頼してしまうと、費用が高くなってしまいますし、スムーズに手続きが進みません。

どの法律事務所に依頼すればよいのか判断するのに役立つのが「口コミ」です。事前調査をして、口コミで評判の良い法律事務所を選べば、失敗する可能性が減ります。

この記事で紹介するのは、「もりた法律事務所」についての口コミや評判です。また、もりた法律事務所の「特徴」や、「長所」「短所」について詳しく解説していきます。

多くの人が借金減額に成功
無料 減額診断を試してみる

>> 【無料相談】債務整理に関する相談はこちら

もりた法律事務所の口コミ・評判を調査!

もりた法律事務所の「口コミ」を調べたところ、次のようなものがありました。

  • 「もりた法律事務所です。減額診断の件でご連絡いたしました。早速、診断内容をお伝えできればと思いますので、下記の中でご都合のよろしい時間帯の番号をご返信くださいませ」といった連絡があった
  • 暗号資産詐欺について依頼したら、興信所エスケーを紹介された

もりた法律事務所の場合、口コミ自体が非常に少なく、見つかったのは「電話連絡が来た」「ほかの会社を紹介された」という2種類だけです。では、この2つの口コミについて、詳しく見ていきましょう。

もりた法律事務所から謎の電話が届いたという口コミについて

もりた法律事務所から電話

1つ目の口コミは、もりた法律事務所がおこなっている「借金減額シミュレーター」に関係したものです。借金減額シミュレーターを使うと、サイト上で簡単な入力をするだけで、借金をどれだけ減らせるのかが大まかにわかります。この借金減額シミュレーターに「電話番号」を入力しておくと、後でもりた法律事務所から電話がかかってくるわけです。

シミュレーターだけでは正しい数字が出せません。そのため、弁護士が電話で話を聞きながら、より正確な債務整理シミュレーションについて説明してくれます。

つまり、客側が借金減額シミュレーターを利用し、もりた法律事務所側から電話で返事があった、というだけのことです。これが口コミになっているのは、借金減額シミュレーターを使っていないのに、連絡があったという人が複数いるため。理由については不明です。

口コミを書いている人は、もりた法律事務所が携帯電話番号を調べて営業をかけてきた、と気味悪がっていました。しかし、営業にしては、手間の割に効率が悪そうではあります。もしかしたら、借金減額シミュレーターを利用した誰かが電話番号の入力を間違っていたり、適当な電話番号でシミュレーションをおこなったのかもしれません。

もしも無差別に営業をかけているなら、もりた法律事務所はあまり信頼できる法律事務所とは言えないでしょう。ただし、記憶にない電話連絡が来たと言っているのは「2人」です。この程度の数なら、間違いによって連絡が来ただけだとも考えられます。

暗号資産詐欺について相談したら他の会社を紹介されたという口コミについて

「暗号資産詐欺」について相談したら、「興信所エスケー」を紹介されたという口コミも2件見つかりました。しかし後で紹介しますが、もりた法律事務所の基本的な取扱業務に、暗号資産詐欺はありません。

暗号資産は「ブロックチェーン」で管理されています。ブロックチェーンとは、利用者全員がデータを「分散保持」する仕組みです。銀行口座に当たる「アドレス」はみんなに公開されているのですが、アドレスは意味を持たない英数字の羅列であり、しかも無制限に生成されるため、ブロックチェーン内の取引を追跡するのは簡単ではありません。

暗号資産は、銀行のように取引履歴が保存されていて、すぐにデータが出てくるものではないため、暗号資産詐欺に対応するには専門的な知識が必要です。そのため、もりた法律事務所が対応しなかったのもやむを得ないことでしょう。

もりた法律事務所の概要

もりた法律事務所の概要
項目詳細
事務所名もりた法律事務所
代表弁護士森田文行
所在地神奈川県横浜市鶴見区鶴見中央4-29-17 第10下川ビル607号
電話番号0120-841-013(法律相談受付専用)
ホームページhttp://moritalawoffice.jp/
減額シミュレーターhttps://saimu-seiri-hajimeoffice.com/
取扱業務(個人)債務整理、債権回収、遺産相続、B型肝炎給付金請求
交通事故、離婚問題、労働問題、消費者被害、刑事弁護、外国人のビザ申請
取扱業務(法人)顧問弁護士、ITビジネス法務、コーポレートガバナンス、ベンチャー法務、IPO法務
労働問題、フランチャイズ、各種契約案件、M&A、企業倒産、事業承継、訴訟案件、債権回収
為替デリバティブ問題、国際取引、外国人のビザ申請、紛争案件、スポーツエンターテイメント
不動産建物明渡、任意売却等の不動産案件、不動産・法人登記、知的財産

もりた法律事務所に所属している弁護士は、代表弁護士の「森田文行」氏だけです。森田文行弁護士は神奈川県弁護士会に所属しています。弁護士登録年度は「1976年」で、ほぼ半世紀年という長いキャリアを持つベテラン弁護士です。

2019年以前は、「森田文行法律事務所」という名称で、神奈川県相模原市中央区南橋本2-5-10NKハイデンス304に事務所を構えていましたが、2021年からもりた法律事務所という名称で、現在の所在地で営業しています。

もりた法律事務所の主要な取扱業務は、「債務整理(任意整理、個人再生、自己破産、過払い金請求)」です。しかし、弁護士としての経験が豊富なため、そのほかのさまざまな業務にも対応できます。

もりた法律事務所の弁護士費用

もりた法律事務所では、メイン業務である「債務整理」については弁護士費用の目安を公開しています。

タイプ着手金報酬金過払い金
完済過払い借金を完済している場合は無料
借金がある場合は11,000円以上(税込)
22,000円以上(税込)過払い金回収額の22%(税込)
訴訟で回収した場合は27.5%(税込)
任意整理11,000円以上(税込)11,000円以上(税込)11%(税込)
個人再生住宅なし385,000円以上(税込)
住宅あり440,000円以上(税込)
220,000円以上(税込)なし
自己破産330,000円以上(税込)220,000円以上(税込)なし

「着手金」は、依頼の成否に関わらず必要な費用です。案件の解決に失敗した場合でも、お金を取られてしまう点には注意してください。

「報酬金」は、案件が解決した場合に追加で支払う費用です。「過払い金」は、過払い金が発生していた場合に必要な費用で、回収額の何%かを取られます。

この表に載せた金額は「最低額」です。案件の複雑さや、金額の大きさなどによって、弁護士費用は変わります。そのため、依頼する前に、必ず弁護士費用について確認してください。

もりた法律事務所の特徴

もりた法律事務所の特徴

もりた法律事務所の特徴は、次の3つです。

  • わかりやすい説明をしてくれる
  • できるだけ早く仕事に取り掛かってくれる
  • 最善の手段で依頼を解決してくれる

では、もりた法律事務所の特徴について、詳しく見ていきましょう。

疑問にわかりやすい説明をしてくれる

「法律用語」は、誤解が起きないことを第一に考え、あいまいさを排し、厳密に作られています。しかしそのせいでたいがいの場合、一般人には法律用語がよく理解できません。もりた法律事務所では、法律用語がわからなくても、理解しやすいように説明してくれます。

法律用語以外でも、どういった法律を使って案件を解決するのか、どういった手続きが必要なのかなど、疑問があればなんでも懇切丁寧に説明してくれるため、意味がわからないまま依頼するといったことは起こりません。

もりた法律事務所では、依頼する前の「相談」の段階でも、質問に対して詳しい説明をしてくれます。そのため、手続きの進め方や費用などについて納得した上での依頼が可能です。

相談があってから早期に着手してくれる

債務整理問題が特にそうですが、弁護士に依頼する場合には、問題が早期解決するほど利益が大きくなります。しかし、依頼をしてから実際に弁護士が動いてくれるまでに、かなりの日数がかかる法律事務所も少なくありません。

しかし、もりた法律事務所では、依頼を受け次第「早期着手」することを心がけています。そのため、短い期間での事件解決が可能です。現在の問題をスピーディーに解決してほしいなら、もりた法律事務所は役にたちます。

もっとも良い解決方法を考えてくれる

もりた法律事務所に依頼すると、取りうるさまざまな手段を模索して、最善の結果を期待できるものを用いて事件に臨んでくれます。顧客一人一人の状況に合わせて、最適な方法をいっしょに考えてくれるのです。

たとえば、借金が苦しくて自己破産の依頼をしたとしても、個人再生や任意整理の方が良いなら、そちらを進めてくれます。自己破産は債務が0になるという大きなメリットはありますが、さまざまなデメリットも存在するため、自己破産を利用しなくても問題解決できるなら、ほかの方法を教えてくれるのです。

もりた法律事務所に依頼するメリット

もりた法律事務所は、次の3点で優れています。

  • 相談料金が無料
  • 秘密を厳守してくれる
  • 事件の解決が早い

では、もりた法律事務所の長所について、詳しく見ていきましょう。

相談料金が無料

弁護士に法律に関する相談をすると、1時間で「1万円」程度取られるのが普通です。高額だと思われるかもしれませんが、弁護士は司法試験に合格するために長い時間勉強していますし、毎年追加や改変される法律を常に勉強し続ける苦労もしています。その高い専門性を考えると、法律のプロを1時間も拘束するために費用がかかるのは仕方ありません。

しかし、もりた法律事務所なら、相談料金は「無料」です。事件に着手するまではお金がかからないため、気軽に相談できます。ただし、法律相談をする際は、「事前予約」が必要です。気になった時にすぐに話を聞く、というわけにはいきませんので注意してください。

また、もりた法律事務所では、「メール」や「LINE」での相談も受け付けています。まとまった時間を取れない人は、文章で相談してみてください。

秘密が厳守される

弁護士に依頼する人は、借金問題など、ほかの人に知られたくない問題を抱えていることが珍しくありません。もりた法律事務所では、「プライバシー保護」を重視しているため、自分の個人情報が周りに漏れる心配をせずにすみます。

事務所に行って直接相談する場合でも、「完全個室」の相談室で話し合うため、相談内容が周りの人に聞かれてしまう危険性がありません。

事件の解決が早い

もりた法律事務所の森田文行は、数多の事件を解決してきた「経験豊富」な弁護士です。そのため同じ事件でも、経験の浅い弁護士よりも、素早く解決できます。事件は時間がかかればかかるほど、証拠などの確認が難しくなり、成功率が低下するため、事件解決が早いというのは重要な要素です。

特に債務整理は、年に「200件以上」も取り扱っており、スピーディーで的確な解決を期待できます。もちろん森田文行弁護士は、債務整理以外の業務の経験も十分に積んでいますが、債務整理以外なら、あえてもりた法律事務所に頼む理由はありません。その分野を専門にしている弁護士に依頼したほうが、良い結果がもたらされやすくなるでしょう。

もりた法律事務所のデメリット

もりた法律事務所の欠点としては、次の3つがあります。

  • 所属弁護士が一人しかいない
  • 口コミが少ない
  • 森田文行は業務停止処分を受けたことがある

では、もりた法律事務所の弱点について、詳しく見ていきましょう。

所属弁護士が一人しかいないため着手に時間がかかることがある

もりた法律事務所に所属しているのは、代表弁護士の森田文行だけです。そのため、引き受けられる依頼には限界があります。複数の依頼が殺到している場合は、そもそも依頼を受けてもらえません。そこまで忙しくなくても、依頼から着手までに時間がかかってしまうこともありえます。

また、弁護士が一人しかいないため、法律相談もいつでもできるというわけにはいきません。さらに、森田文行弁護士が急病になったりすると、案件が停止してしまうリスクもあります。

口コミが少ないためほかの人の評価がわからない

もりた法律事務所の口コミは、「電話」と「別会社紹介」の2種類だけで、業務自体に関する評判はありませんでした。そのため、もりた法律事務所を利用した人がどのような感想を抱いたのか、まるでわかりません。

良い評判にしろ悪い評判にしろ、事前情報があれば予想を立てられます。しかしもりた法律事務所の場合は、実際に森田文行弁護士に相談をしてみて判断するしかありません。たくさんの評価があるという点では、大手の法律事務所の方が安心できます。

森田文行弁護士は業務停止処分を受けたことがある

森田文行弁護士は、過去に10カ月の「業務停止処分」を受けた、という記録があります。どうやら弁護士資格を持っていない事務員に債務処理を任せたというのが処分の理由のようです。資格を持っていないことを知っていて任せたのか、知らなかったのかは不明です。

また、無資格者を使っての債務整理によって処分された弁護士は、ちょっと調べただけでも数十人は出てきます。弁護士が仕事をする上で事務員に手伝ってもらうことは当然あるでしょうから、それが処分につながってしまうのかもしれません。

もりた法律事務所は債務整理を得意としている

もりた法律事務所は債務整理を得意としている

もりた法律事務所は債務整理を得意としており、取り扱っている債務整理は次の5つです。

  • 完済過払い
  • 任意整理
  • 個人再生
  • 自己破産
  • 詐欺事件

どの方法を選ぶかは、借金の状況と、利用者の希望を見て、もりた法律事務所側が考えてくれます。

それでは、もりた法律事務所の債務整理について、詳しく見ていきましょう。

【完済過払い】でお金が戻ってくることも

「完済過払い」は、貸金業者に「金利」を払いすぎていた場合に、お金を取り戻す措置です。2010年6月17日以前は、「グレーゾーン金利」といって、「利息制限法」を超えた金利でお金を貸している業者もいました。それで払いすぎていた分のお金は、取り返すことができます。と言っても、個人で手続きをして取り戻すのは非常に面倒なので、弁護士に頼るわけです。

【任意整理】で借金の利息をゼロにできる

「任意整理」は貸金業者と話し合って、「利息」の支払いを免除してもらう行為です。債務額自体は減りませんが、利息分の支払いがなくなるため、返済に余裕が持てます。

任意整理は、個人再生や自己破産と比べると、借金を減らす効果は大きくありません。しかし、ほかの方法と違ってデメリットも少ないため、後に及ぶ影響を最少限に抑えられます。

ただし、任意整理をするには、一定以上の「収入」がなくてはいけません。任意整理は、利息を0にする代わり、3年程度で残りの債務を完済するという契約だからです。

【個人再生】で債務を大幅に減らせる

「個人再生」は、借金を5分の1程度まで減額する手続きです。ただし3年程度で、残った債務を完済しなければいけません。そのため、十分な収入がない人は個人再生を利用できません。しかし個人再生なら自己破産と違って、「自宅」や「自動車」をそのまま持ち続けることが可能です。

任意整理と違って、個人再生を利用した場合は、「官報」に名前が載ってしまいます。官報というのは、国が発行する新聞のようなもので、誰でも閲覧可能です。そのため、個人再生をした場合は、周囲の誰にでも知られてしまうリスクがあります。

また、個人再生を使ってから10年程度はブラックリスト載ってしまうため、借り入れもできません。

【自己破産】で借金の返済義務を免除してもらえる

「自己破産」は、自分の財産をすべて差し出し、代わりに債務の返済も免除してもらう手続きです。ただし、家などの高額資産は無理ですが、生きていくのに最低限の資産程度は持っていられます。自己破産は、収入がない「無職」の人や「生活保護」を受けている人でも利用可能です。

自己破産利用時も、官報に載りますし、ブラックリストにも登録されます。さらに資格を一時停止されたり、転居を一時制限されるというデメリットも。

また、自己破産で免除されるのは、「自分」の返済責任のみです。保証人になってくれた人の返済責任は消えませんから、そちらに借金請求が行ってしまうという問題もあります。

【詐欺事件】借金の原因が詐欺の場合は大元から解決してくれる

借金を作ってしまう理由にはさまざまなものがありますが、本人に否がないのに「詐欺事件」に巻き込まれてしまう人もいます。結婚をするためにお金をためようと言われて送金してしまったり(ロマンス詐欺)、自称アナリストに投資を進められてお金を払ってしまったり(投資詐欺)、といった詐欺に引っかかってしまう人は少なくありません。

令和2年の警察庁の「特殊詐欺」の調査では、認知されているだけでも13,550件、285.2億円もの被害が出ています。

もりた法律事務所では、借金の原因になりうる、こういった特殊詐欺へも対応可能です。特殊詐欺の解決は簡単なことではないため、経験豊富なもりた法律事務所のようなところへ依頼する必要があります。

もりた法律事務所に関するよくある質問

もりた法律事務所に関するよくある質問
債務整理以外の依頼もできる?
もりた法律事務所では、債務整理以外のさまざまな依頼を受け付けています。ただし、1番得意としているのは債務整理です。そのほかの依頼をしたとしても、別の弁護士に劣りはしませんが、相続問題やM&Aなど、その分野を得意としている弁護士を避けてまで、もりた法律事務所に依頼する意味はありません。
もりた法律事務所から遠い場所に住んでいても依頼できる?
日本全国どこに住んでいても、もりた法律事務所に依頼することはできます。しかし、近くに住んでいないとさまざまなことで面倒です。たとえば、弁護士は依頼を受ける時、依頼人と「対面」しなければいけません。遠くに住んでいると、時間をかけて神奈川県まで行くか、出張料金を支払って弁護士に自宅まで来てもらう必要があります。

どちらにせよ、わざわざ遠方から依頼する意味はありません。神奈川県の近辺に住んでいないなら、自宅から近い法律事務所に依頼した方がよいでしょう。
【無料診断】借金減額シミュレーターはこちら